住宅の断熱性を高めるメリットとは

家を購入する時に、断熱性を高める家づくりが注目されています。
今年家を購入しました。重要視した点は、頑丈さと気密性(断熱性)です。

気密性が高いと、エアコンなどの使用が最低限に抑えられエコな暮らしができ、環境にも経済的にも優しい生活が可能です。

我が家の新築は、内側と外側からの断熱構造となっています。例えば冬場だと、内側からは暖かい空気を逃がさず、外側からは冷気を通しません。

夏は紫外線、太陽の光をカットしてくれ、季節が変わってもそれに合わせて快適な暮らしができます。

Q値が高いほど省エネ性は高く、長く済めば済むほどお得な家となります。光熱費も従来の一般的な家と比べ、半分に抑えられたという声もあるようです。
最初は費用がかかりますが、それも利便性と光熱費が抑えられることを考えると、すぐに元が取れることになります。

実際に住んでみて、冬場の外から家に入った瞬間の玄関から、かなり温度差を感じました。エアコンなしだと家の中だと震えるほど寒いですが、床暖房一つでエアコンなしでも暖かく一日暮らせます。
Q値が高いと、常にエアコンなどを稼働していなければ寒いままですが、断熱性が高いと温度は時間が経ってもそこまで変わらないので、電気代を気にすることもありません。

四季のある日本の暮らしは、夏は冷房、冬は暖房を使用して体調や快適な室温をコントロールする方が多いと思います。
こうしてせっかく管理された室温も、断熱性が低いと家から外へ出て行ってしまいます。
せっかく温まった部屋もエアコンを消した途端に寒くなり、再びつけてしまえばさらに光熱費がかかってしまいます。
そこで壁や天井、窓の断熱性を高め室温を逃さないようにすると、冷暖房にかかる電気代を抑えることができ省エネルギー対策になります。

ほかにも冬場にみられる結露を防ぐことができますので、それが原因で繁殖するカビやダニの予防になり、建築物の耐久性にも大きく影響します。特に日本は湿気の多い国ですので、重要となってきます。
冬は暖房が入っている部屋と入ってない部屋との温度差が原因で血圧が激しく上下することでヒートショックをおこし、高齢者が失神や脳梗塞、心筋梗塞で死亡するケースもみられます。

冬場の室温が特に冷え込みやすい、浴室や脱衣場、トイレなどの断熱性を高めることは、ヒートショック対策に大きな効果が期待できます。

<特別サポート>クレジットカードの即日発行じゃけん|JALカード|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|内職 アルバイト|アフィリエイト相互リンク|家計見直しクラブ|ページランク|ページランク ランキング|内職|GetMoney|FXシストレ|英語上達の秘訣|お小遣いNET|住宅リフォーム総合情報|