断熱リフォームで暖かい冬になるか

「夏涼しくて冬暖かい家」そんな家に住みたくて今回断熱リフォームを行いました。
我が家は築8年の建売住宅です。注文住宅には及びませんが昔の家に比べたら十分暖かいはずですが、やはり冬の寒さが堪えます。また夏は西向きの部屋などはサウナのようでした。

リフォームをするにあたり考えたのが、エコポイントを貰えるリフォームにしたいという事と効果を考えることでした。出来そうなことが3つほどです。
1.窓・玄関の断熱リフォーム  主に2重窓の取り付け 玄関扉の交換
2.外壁・屋根のリフォーム   遮熱系塗料で外壁を塗り替える サイディングにする
3.床のリフォーム       床暖房を設置する

早速業者に確認をすると、中々難しくより悩みが深くなってしまいました。
1番が簡単なのですが、我が家の窓は既に2重窓であり効果がはっきりしない。
2番は塗装ではやはり高い断熱効果は望めないのでやるならサイディングが良いが高い。
3番もエコポイントで改修するには大規模なリフォームが必要である。

家族とも相談した結果、最も効果が見られそうな事と後2年位で塗装の時期なので2番の外壁と屋根のリフォームを決断しました。

屋根は遮熱系の塗料で塗り、外壁は費用は掛かりましたがサイディングを重ね張りし外見上は新築に生まれ変わりました。本格的な冬はまだですが今から楽しみです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク