新築を建てる際、二重サッシを導入し断熱性を高めた話

断熱性を高めるための家造りについて書きます。
我が家は前に築25年のアパートに住んでいました。
木造の二階で隙間風は当たり前で、冬に入る11月頃にはあまりの寒さに暖房器具が登場し、まずはコタツ、そして電気ストーブ、エアコンと電気代は真冬で20000円超すのはザラでした。
しかも夏はクーラーをつけても暑いので常に25度設定でした。
家賃を浮かせるためにアパート暮らしを頑張っていましたが、電気代も馬鹿にならないのし、子どもも生まれたので思い切ってマイホームを買うことにしました。
その時に断熱性を上げるために家の窓をすべて二重サッシにしてもらいました。
これは夏はクーラーの冷気が逃げないよう、冬は室内の暖気が漏れにくいのが特徴で、しかも防音効果もあります。
去年の冬はこの二重サッシのおかげか、そんなに寒さを感じず電気代は10000円くらいまで下がりました。
夏も28度設定で乗り切れました。
光熱費のことも考えると、断熱性のある二重サッシにして本当に良かったなと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク