新築戸建てのキッチン

新築の家で、主婦の私が一番好きな場所は、もちろんキッチンです。戸建てを新築した時、それまで住んでいた賃貸マンションとは比べ物にならないほど、きれいで使いやすいキッチンに、感動しました。マンションではキッチンに窓が付いていることがほとんどなく、昼間でも電気を付けていました。換気扇を付けないと風通し悪く、カビや雑菌の繁殖が気になっていました。作業台やシンクの高さが低く、腰にも負担でした。家を新築する際、そういったマイナスをすべて解決してもらい、とても使いやすいキッチンにしました。家を新築する良いところは、窓の有無、日当たりや風通しの良さ、高さや広さをある程度カスタマイズできるところです。とにかく前の古い家は通気が悪かったのが気になっていたいので、通気材を家のそこここに入れる工法を調べて入れてもらいました。通気材が付いているということは常に風が通るので冬は寒いのかと思いましたが、なぜか寒くならない仕組みになっていて感動しました。後から工務店さんに聞いた話ですが、通気材というのは家の中の空気を通気させるのではなく、家の壁の中を通気させて家を腐らせないようにする材料だと知りました。こだわったつもりが全然検討違いで、でも結果的に快適な家ができたので今では笑い話です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク