天井を高くしたい母親の願いが適った新しい家

天井に拘った新しい家の天井はとても高いのが魅力的です。

その新しい家の天井はとても高く、廊下にいたっては吹き抜けになっています。

その吹き抜けはとても美しく、まるで美術館の螺旋階段のような感じがします。

キッチンの天井も高くしました。

やっぱり圧迫感のある部屋なんて嫌なものです。

天井が低いとどうも部屋全体が狭く感じてしまいます。

美術館が好きな母は、その天井の高い美術館を見ては憧れを抱いたようです。

そんな美術館の高い天井を真似したようで、「1階の天井はどこも高くして欲しい」と言っていました。

そんな願いを適えられて、1階のリビングからキッチンまでいたる所の天井が高いのが魅力的です。

天井が高いと、夏場はとても涼しくて快適に過ごせるのが分かりました。

たった天井1つで快適になるのが不思議でした。

天井なんてあまり考えたことはありませんが、ちょっとしたことで新しい家が快適になるのが驚きます。

リッチな家の天井が高いこともあり、ちょっとそんなリッチな気分を味わえた新しい家です。

家を快適にするのなら、やっぱり天井に拘った方が良いと思います。